ポータブル真空管アンプ組み立てキット



真空管アンプといえば据え置きの物を想像する方が多いと思います。
ここ最近、YAHAアンプと呼ばれるハイブリッド型の簡易の真空管アンプをポータブル化する動きが始まっています。

しかしながら真空管は実質現行量産されていないのが実情で、在庫には限りがあります。
そこでオーディオ用に限らず、さまざまな真空管に光を当てYAHAアンプを作成してみました。

その中でも現実的になりそうなものをキット化します。
さらにジャンク球、中華球にも光が当たるよう色々な真空管での適応例を書いたノウハウ本
「いろんな真空管でYAHAってみた 〜真空管ポタアンは難しくない〜」を発行しました。

■真空管アンプキットサポートページ

HAL−01(北京 1B2) HAL−02(クラシックコンポーネンツ専用モデル)

■販売について

サークルMYシンフォニーがイベント参加する場合事前に告知します。 頒布物と価格はHAL900のぺぇじにて日記形式で掲載しています。 秋葉原 クラシックコンポーネンツ店頭にて 専用モデルを3000円で販売中 (都合上土日のみの販売となります。) 妙楽堂電子パーツショップでアンプキットの委託販売中 HAL−01モデルを5000円にて販売

◆注意◆
自作・改造のお約束「自作・改造は自己責任」
これが守れない人は自作・改造はやらないで
自作・改造による直接・間接の被害についてHAL900は一切責任を負えません。 
本キットは簡単なチップ部品の実装ができる程度の技量を必要とします。
本キットにケースは付属していません。
各自ケースを用意し入れる必要があります。

本キットはヘッドホンアンプです。
スピーカーを直接駆動する設計ではありません。

真空管は振動に弱く、ガラス管破損による怪我をする危険性があります。
また、中の電極はさらに振動に弱く簡単に破損します。
キット頒布時は箱で個包装してありますが、輸送の際の取り扱いには特にご注意ください。

1.YAHAアンプとは

・狭義のYAHAアンプ YAHAアンプとは"Yet Another Hybrid Amp"の頭文字をとった略称で、 原典の回路は下記のページにて紹介されています。(英文) ttp://www.fa-schmidt.de/YAHA/index.htm 狭義のYAHAアンプとはこの原典どおりの回路及び、 原典にて紹介されている真空管を使用した真空管ヘッドホンアンプのことです。 これは、今まで真空管アンプと言えば100V以上の高電圧を使用するのが常識だったのですが、 YAHAアンプはオペアンプのバッファを利用することで低電圧での動作を実現できました。 ・広義のYAHAアンプ 前述のYAHAアンプを基にしていくつかのバリエーションが生まれています。 ヒーター電流の制御方法の違い、5極菅の3極菅結合、電源電圧違いなど、 多数のバリエーションが実際にキット化され市販されています。 (Ticシリーズ、フォノカ、など) 広義のYAHAアンプとは真空管と半導体のハイブリッドヘッドホンアンプの事を指しています。

2.ポータブル真空管アンプ組み立てキットの特徴

@とにかく真空管を試してみたい人向け 最初から真空管含め電子部品は全て付属しています。 一般的に真空管は入り口が非常に狭い(市販品が高額、設計知識が多く必要)と思われています。 低価格で真空管が付属しているので、後から発生する費用が少なくなります。 Aポータブル可能なので実用的 ヘッドホンといえば外でも使うことがあります。 ではヘッドホンアンプもポータブルでないと実用的じゃありません。 本キットは単3電池駆動のポータブルです。 駆動時間はキットによって異なりますが、目安6時間程度になります。 B(経験者向け)基板だけでも実用的 プレート抵抗とヒーターまわりの部品定数を調整すれば色々な真空管への応用が可能です。 基本的は3極菅5極菅どちらにも使用可能です。 この基板1枚で大型菅からサブミニチュア菅まで幅広く応用可能です。

3.参考写真

※開発中の写真なので予告無しの変更が有ります。 開発中の詳細(とはいっても基本的に写真だけ)は HAL900のぺぇじ にて日記形式で掲載しています。 ※順次掲載していきます※      0  0      0      0  0      0  0      0  0

4.イベント頒布物について

現時点 イベント頒布情報はありません 頒布のキット基本仕様 HAL−01(北京 1B2) 電源:単3電池2本 真空管:直熱5極管 北京 1B2(MT7) 2本 HAL−02(クラシックコンポーネンツ専用モデル) 真空管は店頭で購入または自分で用意

5.参考資料

直リンの許可がページに記載されていないサイトは 下記アドレスに「h」を追加して飛べます。 YAHAアンプ回路図:ttp://www.fa-schmidt.de/YAHA/index.htm ゴン川野のPC Audio Lab「2014年ポタ研記事」ttp://dime.jp/genre/129861/ ゴン川野のPC Audio Lab「春のヘッドフォン祭2014記事」ttp://dime.jp/genre/142493/ @DIME の 「ゴン川野のPC Audio Lab」  管球式キットからハイエンドまで大集合!「ポタ研2014年夏」完全レポート(後編) にて当サークルのキットの紹介を頂きました。


e-mail:HAL900HP(アットマーク)gmail.com

MYシンフォニーTopへ戻る