簡易金型技術本



初めに

前回自作射出成形機のデータ頒布を行いましたが。
「金型はどうすんの?」
との意見を多く頂いたので本作品を執筆しました。

簡易金型とは

量産用の金型は強度の高い鋼材を加工し、焼き入れ、 窒化処理を経て製作されます。 試作の場合では耐久性は不要なため、加工が簡単な材料にて 製作した金型を簡易型と呼びます。 01 代表的な簡易型(金型メーカーで起こす場合) モールドベースは出来合いを加工して使用。 製品部彫り込み入れ子部分はアルミで作るのが一般的 最近は3Dプリンタによる型も利用されている。 本作で紹介する簡易型 モールドベースは鋼材を組み合わせて自作。 製品部彫り込み入れ子部分は光造形3Dプリンタ。 超小型の製品しか作れない為、冷却は一切不要 01

技術本概要

金型専門用語の簡単な解説や、周辺情報の紹介。 簡易金型設計の手順を紹介していきます。 1:金型基礎知識   金型の構成    金型のことを知らない人向けに基本的な話と、    金型各部名称を説明します。    01 2:自作射出成形機紹介   HAL900が頒布している「自作射出成形機設計データ」(\1,000)   に従い製作された成形機の紹介です。    01 3:金型設計   簡単な形状をもとに型設計の具体的手順を紹介していきます。   具体的な数字よりも自由に設計してもらうために、考え方中心としています。    01 4:作品例   HAL900が実際に使用するために設計した作品を紹介します。    01

■頒布物情報

   01   イベント出展時に頒布を行っています。   設計補助のデータを収録したSDカードを付録した本を頒布します。   頒布価格:¥1,000   メールによる個別注文も承っております   (仕事の都合上、注文を頂いた週の週末発送対応になります。)      ページ最下部のメールアドレスに「通販希望」と空メール頂ければ   通販購入までの流れを案内させて頂きます。    ・基本的な流れ      案内のメールの返信の形で注文のメールを送付        ↓      HAL900が発送、一定期間内に銀行振り込みにて費用振込みいただく        ↓      お手元に作品が届きます

e-mail:HAL900HP(アットマーク)gmail.com

MYシンフォニーTopへ戻る