自作射出成形機



◆注意◆
自作・改造のお約束「自作・改造は自己責任」
これが守れない人は自作・改造はやらないで
自作・改造による直接・間接の被害について当サークルは一切責任を負えません。 
射出成形機は高電圧、大電流、高温などを扱うため
やけど、感電、火災など様々な事故に繋がる恐れがあります。
安全第一での、製作 作業を心がけてください。

射出成形機の自作

まずは言葉の意味が分からないと思うので、簡単に説明します。

・射出成形
  溶けた材料を金型の中に射出注入することで成形する方法
・射出成形機
  目的の材料を加熱溶融させて金型に注入する機械

今回自作した射出成形機の機能を簡単に説明すると下記のようになります。
”プラスチックのペレットを溶かして金型に注入することでプラスチック部品の量産を行う”
今回の自作の動機として「3Dプリンターの限界」を感じたことにあります。
3Dプリンターは適切な設計を行えば、個人でも簡単に複雑な形状を得ることができますが、
その使用法や素材には多くの制限があり、限界を感じることがあります。
自作における選択肢の拡大の提唱として射出成形を今回取り上げました。

射出機の設計、製作

今回自作するにあたってのコンセプトは 「作りたいと思った人ができるだけ簡単に作れる設計」です。 その為に具体的には下記のような設計制約を付けています。 ・原材料費20,000円以下(道具代、送料を含まない) ・ボール盤以上に大掛かりな機械を使用しない 工場にある一般的な小型射出成形機について 型締め圧10t以下の射出成形機の一般的な情報 ・理論射出容量:5〜15cc ・最大射出圧:約200MPa ・本体重量:0.5〜1t ・価格:300〜1000万円 基本的に動作の全てが全自動化可能であり、 材料と情報を入力すれば10〜30秒程度のサイクルで部品を作り続けます。 自作成形機スペック ・プランジャー式縦型射出成形機(タイバーレス) ・型締め圧:(1t)(ボルト締め付け式) ・温度範囲:150〜240度 ・実測射出量:約2cc ・最大射出圧:300MPa(計算値) ・本体重量:約10kg 温度コントローラーを除いて全ての動作が手動であり、 価格の関係上直動機構も無い為、位置合わせまで全て手動になります。 非常に単純なシリンダ構造の為、熱伝導が悪くサイクルタイムは2〜3分程度を想定しています。
samplesample
sample

■頒布物情報

  C90当選しました。   「MYシンフォニー」日曜日 西地区“g”ブロック−28a   自作射出成形機の設計情報収録SDを頒布予定。   ・3次元データ   ・高解像度PDF   ・部品表   ・入手ルート   ・加工内容   上記内容を収録予定   頒布価格:¥1,000






e-mail:HAL900HP(アットマーク)gmail.com

MYシンフォニーTopへ戻る