パカ&ぱる用コントローラ作成記


<1:材料>

<2:パネル作成>

<3:フレーム作成>


ぱるメロというソフトを知ってから約1ヶ月
最初はジョイスティックで始めたが
「こんなの音ゲーじゃない!」
ということで、似たような形をしたポップンコン2を改造して
何とかしていたわけですが・・・

パカアーケードには程遠い操作感に慣れてしまってはいけないと思い
「せっかくだし自分で作ってみるか」
と、作り始めたわけです

使用材料

はっきり言ってこのコントローラー
ケチればケチれるけどコントローラーからの爆音で
ゲームじゃなくなる
だいぶお金をかける覚悟が必要です(2万円〜)

スイッチ

セイミツ工業製押しボタンスイッチ  PS-14-S-05   ランプ12V 緑  2個         黄色 2個  PS-14-S-04   ランプ12V 青  2個         赤  2個 これにはあとで大きな改造を加えます 工作に不安な人は練習用をさらに1個買うことをお勧めします 01-01

コンパネ

日曜店に行って適当な板を購入 カッティングサービスにて所定の大きさにカットしてもらった サイズ(mm) 厚さ t=12〜15 650*220 ×1 650*100 ×2 100*195 ×5 01-02

L字金具

写真のような金具 詳しいサイズは忘れたけど内側の穴が角から 10mm以上20mm未満あることは最低条件 01-03

防振GELシート

最近の100円均一ではよく売られているもの 厚さが2mm前後で硬すぎなければどのような形状でも良いが フリーカットサイズがあればそれを推奨(後のタッカー作業が楽) 01-04

透明プラ板

最低限の条件として 325mm*220mmを2枚用意できること 透明プラ板は様々な材質が出回っているが お財布と相談しながら決めると良い 厚さは1〜2mm 材質はアクリルがベストだが 凶悪な値段なうえに加工性が非常に悪い 他の材料ではアクリルと比較すると PET   :若干傷つきやすい・加工性良(HAL900採用) 塩ビ   :透明度が劣る・耐光性良 スチレン :耐光性・耐有機溶剤が悪い、傷がつきやすい・加工性良 01-05

薄鉄板(アルミ板)

ここの選択が難しい 通常の薄鉄板・アルミ板は 安価で加工性も良いが一番の騒音発生源となるので 自分はオーディオ用の防振パネルを購入 ただしこれは非常に高いうえ(3600円)加工性が極めて悪いので ほかに良い材質があればそちらを使用してみるのも良いかもしれない 01-06

スイッチ小

十字キーやスタート・セレクト用のボタン これはシャーシ取り付け可であれば基本的にどんなものでも良いが ・スイッチ自身に振動を加えてもカラカラ音がしないこと ・取り付けが丸穴であること   取り付けがφ13以下ならシャーシ加工が非常に楽にはなります   がそこは好みで選んでください ・2極スイッチのほうが配線がややこしくなくて楽 ・十字用とスタートセレクト用に違う色のスイッチがあると良い 十字キー用ボタン     8個 スタートセレクト用ボタン 4個 01-07

PS用コントローラ

生贄w バラして使うので中古の安いので十分です 01-08

遮音シート

自分は建設用の遮音シートの切り売りで購入 写真のものとは別に吸音フェルトも購入 DIYショップの売り場では 遮音シート :建材コーナー 吸音フェルト:絨毯等の内装シート切り売りの売り場 01-09 この他写真はないですが これらの材料も使用しました ・t=10 200mm*200mm ゴムシート 2枚 ・M4 30mm キャップボルト 3本 ・M5 30mm キャップボルト 4本 ・M5 10mm キャップボルト 8本 ・M5 ナット 12個 ・M4用 鬼目ナット 3個 ・大量のフリーカット両面テープ ・黒のラッカースプレー ・導線(ファストン端子付のがあるならそちらを)



HAL900ServerTopへ戻る